院長ブログ

無カタラーゼ症って何なんでしょう?

ホワイトニングを紹介するホームページを見ていると、

禁忌(絶対ホワイトニングをしちゃダメな人)の中に

聞きなれない「無カタラーゼ症」という病気の名前が書いてあります。

 

ホワイトニングを希望する患者の皆様の中から、

「私は無カタラーゼ症なのか分からない」とか、

「検査して欲しい」というお問い合わせをいただくことがあります。

 

 

無カタラーゼ症とは、体内の酵素の一つである「カタラーゼ」を作れない、

先天的な疾患の名前です。

遺伝的要素が強く、特に濃い血族結婚を繰り返している家系に見られます。

カタラーゼとは過酸化水素水を分解する酵素なので、

過酸化水素水を生まれつき分解する事ができない疾患といえます。

 

ホワイトニングの薬剤の主成分にはこの過酸化水素水や、過酸化尿素などが

使われており、無カタラーゼ症の方にホワイトニングを行うと

口の中が大きく荒れ、場合によっては壊死を起こしてしまいます。

その為、無カタラーゼ症の方にホワイトニングは禁忌となっております。

 

 

さて、自分が無カタラーゼ症かどうか心配な方は記憶を辿ってみてください。

小さい頃、擦りむいた膝や肘にマキロンなどで消毒しませんでしたか?

マキロンで消毒すると、まるで炭酸で消毒しているかのように

小さい気泡が出てくることを思い出せませんか?

もし、思い出せた方は無カタラーゼ症ではありません。

記憶が定かではない方やそれでも心配な方は

ひじりデンタルクリニックでも検査することが出来ます。

お気軽にお問い合わせください。