ブログ

は、は、は、歯のおはなし!

金津創作の森に行ってまいりました。

ここは四季折々自然がとても豊かで、いつ訪れても気持ちの良い場所です。

 

ただ今回の目的はコレ。

やなせたかし−アンパンマンとメルヘンの世界ー

を、子どもと一緒に観るためでした。

 

ただ、(当たり前ですが)芸術的要素が高く、

アンパンマンミュージアム的なところを想像していた娘たちには不評(苦笑)

 

とはいえ、展示が終われば物販コーナーがありまして、

そこのキッズコーナー的な場所ではいろんな玩具やぬいぐるみで遊び、

かなり満喫している様子でした(笑)

 

娘たちが一通り飽きるのを待つ間、物販コーナーを見ていると

「歯科詩集」なる絵本を発見。

 

タイトルからして「歯科歯周」から「歯科詩集」なんだろうなとほくそ笑みながら

パラパラ中を拝見すると、小学生以上向けの詩画集でした。

むしろ大人向けと言ってもいいかもしれません。

風刺やパンチも効いてて面白い。

また、当時の日本歯科医師会会長の監修があるとはいえ、

歯のことを良く知っていらっしゃいます。

 

食べることは生きること。

食べることは基本。

 

94歳で亡くなるまで精力的に活動した、やなせさんは生前インタビューで

「本当に歯は大切で、い まはもう食前、食後、歯を磨いて、 さらにその中間でも磨いて、さらに 口内清浄何とかってやつでうがいし て、絶えず口の中を清潔にしている」

と仰っていました。

長寿の秘訣はココにあるのかもしれません。

 

「なんとなく読んでいるうちに歯についての興味がでてくるんじゃないか」

と自著を語っていたやなせ氏。

はい、一冊購入させていただきました。

ひじりデンタルクリニックの待合室にも本日から置かせていただきます!